片手鍋

ゆでる、煮る、ソースを作るという時に便利な片手鍋

片手鍋は家庭の中でもお味噌汁を作ったり、ちょっとソースを作る、またお野菜をゆでるなどの際に非常に便利で活躍してくれる調理器具です。
プロの世界では、1人前ずつ作るということも少なくないので、片手鍋はかなり多く利用されていますし、各サイズを調理によって使い分けています。

下ごしらえから本格煮込みまで色々な調理に利用できる片手鍋は、電磁調理器用のものも多数あり、使用状況によって使い分けが出来ます。

プロが愛用する片手鍋とは

高純度で高い品質のアルミ材を特殊加工したキングポットのアルミの片手鍋は、熱効率がよく、均等にむらなく調理してくれるのでプロにも人気があります。
長い時間煮炊きを行っても壊れにくい材質となっていますので、長い目で見て利用しやすい鍋です。

独自の新素材を利用してガス調理、電磁調理にも利用できるキングテンジのステンレス製の片手鍋もあります。
板厚がしっかりあるタイプは、熱効率がよく、少ない熱量でも均等にしっかりと調理できるようになっています。

プロが利用することを目的として作られているプロキング シリーズでは、特殊に高純度のアルミ材を利用したものがあり、熱伝導率等も非常に優れているものがあります。
こうした片手鍋は時に、鍋の蓋の取っ手や鍋そのものの取っ手が金色に作られていることもありますが、これは持ち手が熱くならないように熱伝導を低く作っているからです。

IH調理に最適なプロ仕様の片手鍋

IH調理器具を利用するレストラン等も多くなっていますが、それに合わせてプロ仕様の電磁調理専用片手鍋なども登場しています。
トリノのシチューパンは熱伝導率のいいアルミを保温力が優れたステンレスではさみ、耐久性に優れた業務用鍋となっています。

また業務用 マイスターIHは表面に4層特殊加工を行い、オール熱源に利用できる調理器具もあります。
熱効率がよくしっかりと煮込み料理にも対応できるシリーズなども多いので、作る料理によって使い分けができるという魅力もあります。