フライパン

フライパンと一口にいっても様々な種類がある

フライパンといっても調理人が利用するフライパンは非常に多くの種類があります。
最近は家庭でも調理に合わせて利用するフライパンを変えるという方も多くなっているので、種類をある程度知っておくと調理が楽になります。

アルミ製のフライパンはパスタ料理など、イタリアンのシェフなどが愛用されています。
軽く熱伝導率が高いため、細かい火力調整にもしっかり対応してくれる嬉しさがあります。
但しこびりつきやすいなどの弱い面もありますので、パスタソースをからめるなどの際に利用しやすいフライパンです。

鉄製のものは強火でフライパンを温めて利用事が出来、ステーキなどの焼き物を作る時に便利です。

炒める、焼く、揚げるなど様々な調理法に適しています。
ただ鉄という性質上重いので、調理人はこの鉄製のフライパンで腱鞘炎になる・・・という人も少なくありません。

鋳物は鉄板をプレスして作られているもので、蓄熱性が高いという特徴と、温度が一定に保てるので、使いやすいという点が挙げられます。

銅製のフライパンは世界各国で利用されており、特にレストランなどでは多用されています。
全体に素早く熱が伝わるということでハイスピード調理ができますし、焼きむらなども少なく、美しく仕上げることができるオススメのフライパンです。

弱火をうまく利用して様子を見ながら調理することが必要ですが、非常に変形しやすいフライパンなので注意が必要です。

多くの調理人が利用する鉄製のフライパン

キングパンの黒皮鉄板のフライパンは、表面が多孔質状に作られており、脂のなじみが非常にいいということで重宝されています。
焼き物でも炒め物でもサッとこなすので、いくつかのサイズを利用されている調理人が多いです。

スーパーエンボス加工調鉄鍋フライパンは、特殊加工金属が利用されていて、表面の無数の凸凹によって油分と水分がしっかり廻り、こびりつきにくく調理しやすいことで有名です。

匠技 フライパンは耐久性が高く、プロが利用するのに十分な機能性を備えています。
高密度4層構造によって耐久性が非常に高く、均一に熱を加えてくれるので調理の際にむらなく仕上がります。

TKGのIH プロセレクトフライパンは、性能向上を高くしているデュポン独自の3層構造が魅力的なフライパンです。
持ち手も使いやすく、フッ素樹脂加工されているフライパン表面はこびりつきにくく使いやすいといわれています。